マツダは着脱式ハードトップを備えたロードスターを展示…東京オートサロン2019[詳細画像]

マツダ 『MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT(マツダ・ロードスター・ドロップヘッド・コンセプト)』(東京オートサロン2019)
マツダ 『MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT(マツダ・ロードスター・ドロップヘッド・コンセプト)』(東京オートサロン2019)全 32 枚写真をすべて見る

マツダは、2019年1月11日から13日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催された東京オートサロン2019にて、『MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT(マツダ・ロードスター・ドロップヘッド・コンセプト)』を展示した。

このモデルは、「走る歓び」を追求するマツダとして週末の大人の趣味として愛車で気軽に参加して欲しいという想いから、剛性を高めるディタッチャブルハードトップをはじめ、走りがより楽しくなるアイテムを装着した一台。

エクステリアには、カーボン製のディタッチャブルハードトップにフロント/サイドアンダースカート、けん引フック、LEDバルブ(ライセンスプレートランプ)、ウインカーバルブ(シルバー)を装着。

足回りには、RAYS鍛造の16インチアルミホイールをはじめ、ホイールナットセット、LSD、クラッチセット、フライホイール、エアクリーナー、強化ブッシュを装着している。

さらにインテリアには、RECAROシートとドアトリム、デコレーションパネル、センターコンソールリッド、パーキングブレーキ/シフトブーツ、アルミペダルセット、プレミアムフロアマットを採用した。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/17/318164.html/article/2019/01/17/318163.html/article/2019/01/17/318165.html