時代差 約100年、ダンロップが新旧ベントレーを展示…東京オートサロン2019[詳細画像]

ダンロップ ベントレー 3リットルスピード(東京オートサロン2019)
ダンロップ ベントレー 3リットルスピード(東京オートサロン2019)全 23 枚写真をすべて見る

住友ゴム工業は2019年1月11日から13日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催された東京オートサロン2019のダンロップブースで、1924年製造の『3リットルスピード』および最新型『ミュルザンヌスピード』と、いずれもダンロップタイヤを装着した新旧のベントレーを展示している。

住友ゴム工業の販売企画部の小山勇太氏は、新旧ベントレーを並べることで「歴史ある技術が未来に向かっていることも表現し、ダンロップの技術開発コンセプトであるスマートタイヤコンセプトを紹介するラボに誘う演出もしている」という。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/17/318182.html/article/2019/01/17/318181.html/article/2019/01/17/318183.html