“通好み”なバイク発信地「新木場Garage」オープン…新車販売、ファッションも

新木場Garage。クルマ2台、バイクは複数台停められる。
新木場Garage。クルマ2台、バイクは複数台停められる。全 23 枚写真をすべて見る

福田モーター商会は、東京・江東区新木場に新たな形態のバイクショップ「新木場Garage」を1月12日にオープンさせた。

扱う車両は、モトグッツィ、BRPカンナム、ロイヤルエンフィールド、ウラルと通好みのセレクト。倉庫を改装したガレージスタイルの複合店舗は、1階と2階が新車や中古車の車両展示とメンテナンススペース。3階がマックスフリッツ、モトーリモーダ、クラフターなどスタイリッシュで洗練されたバイクウェアのセレクトショップになっている。

天井が高く、それぞれのフロアがスキップフロアになっているため開放感があり、ところどころに入る英字のサインのおかげで、まるで海外のカスタムビルダーのガレージのような雰囲気もある。

新木場ガレージの店長でもあり、このプロジェクトの発案者でもある大津順一氏は「BMWやハーレーのディーラーではない、福田モータースのお店を作りたいという構想が形になりました。まずは、オートバイ販売店として地に足を付けることが最優先ですが、今後はワークショップやイベントなどを開催して、ライフスタイルも提案していきたいです」と話す。

《松崎祐子》

この記事の写真

/

ピックアップ