ホンダ X-ADV、カラーリング変更へ ETC2.0車載器も標準装備

ホンダ X-ADV(マットアーマードグリーンメタリック)
ホンダ X-ADV(マットアーマードグリーンメタリック)全 4 枚写真をすべて見る

ホンダは、大型アドベンチャーモデル『X-ADV』のカラーリングを変更するとともに、ETC2.0車載器を標準装備し2月21日より発売する。

X-ADVは、トルクコントロール介入レベルを選択できる「ホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」や、アクセル操作に対する駆動力変化をダイレクトに後輪へ伝達する「Gスイッチ」を採用。アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で両立するモデルとして好評を博している。

今回のカラーリング変更では、金属調で硬質なマットビュレットシルバーや、スポーティーなイメージを強調する鮮やかなグランプリレッド、アドベンチャーイメージを演出するカムフラージュ柄を採用したマットアーマードグリーンメタリックの全3色を新たに設定。また、従来から標準装備されているETC車載器をETC2.0車載器へバージョンアップしている。

価格はシルバーが124万0920円、レッドおよびグリーンが127万3320円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
  • チーム無限のマクギネス選手(マン島TT2019)
  • アーク・ベクター
  • 【トライアンフ ストリートトリプル RS 試乗】 レーサー直結のストリートファイター...サトウマキ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/21/318307.html/article/2019/01/21/318306.html/article/2019/01/21/318308.html