ドゥカティ ディアベル1260 新型、生産開始---3月に欧州発売へ

ドゥカティ・ディアベル 1260 新型
ドゥカティ・ディアベル 1260 新型全 3 枚写真をすべて見る

ドゥカティは1月21日、イタリア・ボローニャの本社工場において、新型『ディアベル1260』(Ducati Diavel 1260)の生産を開始した、と発表した。

新型ディアベル1260は、2011年に発売された初代『ディアベル』に続く2世代目モデルとなる。ディアベルはクルーザータイプの大型二輪車で、排気量1198ccの水冷L型2気筒ガソリンエンジン(最大出力152hp/9000rpm、最大トルク12.5kgm/8000rpm)を搭載する。

新型ディアベル1260は、「テスタストレッタDVT」と呼ばれる1262ccエンジンに排気量を拡大した。最大出力は159hp/9500rpm、最大トルクは13.2kgm/7500rpmを引き出す。ドゥカティによると、この新エンジンは日常走行とツーリングの両方において、力強い加速と低回転域での滑らかさを両立しているという。シャシーのセットアップも変更された。リアには17インチで240mmのワイドタイヤを装着する。ボッシュ製のコーナリングABSも装備されている。

新型ディアベル1260には、スポーティな「S」バージョンとして、『ディアベル1260S』を設定する。調整可能なオーリンズ製サスペンション、専用ホイール、高性能ブレーキシステムが特徴となる。クラッチレスシフトを可能にする「クイックシフトアップ&ダウンエボ」を標準装備した。

1月21日、ドゥカティのイタリア本社工場から、新型ディアベル1260の量産第一号車がラインオフした。欧州では3月から販売を開始する予定、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モト・グッツィ V7 IIIストーン ナイトパック
  • みんなのツーリングマップル
  • スズキ アドレス110(マットステラブルーメタリック)
  • スズキ Vストローム250 ABS(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー)
  • ボンネビル・スピードウィークにチャレンジするオリジナルマシン
  • ヤマハ YZF-R1M 2018 1/12スケールモデル
  • 八戸ノ里ドライビングスクール
  • ハーレーダビッドソン ライブワイヤー(LliveWire)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/22/318332.html/article/2019/01/22/318331.html/article/2019/01/22/318333.html