ヤマハ発動機、乗り物ベンチャー glafit社へ出資 ペダル付き電動バイク発売へ

glafit の電動ハイブリッドバイク「GFR-01」
glafit の電動ハイブリッドバイク「GFR-01」全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は1月24日、乗り物ベンチャー企業のglafit(グラフィット)と、電動モビリティの製品開発に向けた資本業務提携を締結。同社へ出資を行うと発表した。

グラフィットは、2017年に二輪ノンユーザーをターゲットにした、自転車でも原付スクーターでもない新しい電動ハイブリッドバイク「GFR-01」を発売し、新規二輪ユーザーを獲得してきた。

今回の業務提携により、両社はグラフィットの「GFR」シリーズをベースとした派生モデルを開発し、2020年春頃の販売を目指す。その後も、電動モビリティにおける両社の強みを最大限に活かし、よりユーザー視点に立った、安心で便利で楽しいモビリティを提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CB650R
  • カワサキNinja ZX-6Rレース専用モデル
  • ランド リンク コンセプト(世界初公開・特別出展物)
  • ヤマハがバイクレンタルの次に仕掛ける「キャンプ用品レンタル」のねらいとは
  • ヤマハ SR400 40th アニバーサリーエディション
  • ヤマハ MT-03 新型
  • ヤマハ YZF-R25/R3 開発者インタビュー
  • 浅草・雷門前を走るドゥカティDIAVEL1260S

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/24/318398.html/article/2019/01/24/318397.html/article/2019/01/24/318399.html