札幌市で観光相乗りタクシーの実証実験を実施へ NTTドコモなど共同で

札幌市街
札幌市街全 3 枚写真をすべて見る

NTTドコモ、NTTテクノクロス、NTT、札幌市、札幌観光協会は1月24日、札幌市で国内で初の取り組みとなる観光相乗りタクシーの実証実験を共同で実施すると発表した。

観光相乗りタクシーは、郊外の観光施設を周遊する際の観光客の利便性を高めるとともに、シェアリングエコノミーによって利用価格を抑えて二次交通問題の解消の一助とするもの。

オンデマンド型交通サービス「AI運行バス」を活用してリアルタイムでAI処理することで、車両を最適配車し、目的の降車場所まで効率的な乗合運行の実現を目指す。札幌市が実施しているオープンデータプラットフォームで収集したデータをもとに乗降場所を選定、実効性のある取り組みを展開する。

実証実験「さっぽろ観光あいのりタクシー」では、1人1日3000円(税込)で設定している観光施設と宿泊施設16カ所の乗降場所間を乗り降り自由とする。これに併せて、電子チケットの導入など、ICTも活用し、外国人観光客特有の課題であるキャッシュレスやコミュニケーションの課題解決も目指す。

実験では定員5人の普通タクシーと定員10人のジャンボタクシーを併用し、最大15台を使用する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京ビッグサイト
  • カーシェア検索結果一覧画面(スマートフォン)
  • 交通サービス機能の概要
  • 5Gの通信実験に使用されたN700S確認試験車。
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/25/318432.html/article/2019/01/25/318431.html/article/2019/01/25/318433.html