三菱自、米国で最も急成長したアジアブランドに…新型SUV効果で2年連続 2018年

三菱自動車の米国ラインナップ
三菱自動車の米国ラインナップ全 6 枚写真をすべて見る

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国法人、三菱モータースノースアメリカは1月23日、2018年の米国新車販売において、三菱自動車が2年連続で最も急成長したアジアブランドになったと発表した。

三菱自動車の2018年の米国実績は、2007年以降では過去最高の11万8074台だ。前年比は13.9%増と、6年連続で前年実績を上回った。

販売の主力はSUVだ。『アウトランダー』は2018年、改良新型モデルが新記録となる3万7652台を販売した。前年比は6.6%増と、プラスを維持する。『アウトランダーPHEV』は4166台を売り上げた。2018年初頭に投入された『エクリプスクロス』は9485台と、販売増に貢献する。

また、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)は回復傾向にある。2018年は過去最高の3万9153台を売り上げ、前年比は18%増と2年連続のプラスとなった。SUV以外では、『ミラージュ』が2万4316台を販売し、前年比は8.6%増と前年超えを維持する。

三菱モータースノースアメリカは、2018年に発売したクロスオーバー2車種がヒットしたことにより、2年連続で販売面の成功を収めることができた、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 ミラージュ(タイ仕様)
  • ユーノス・ロードスター
  • 日本郵便に導入するミニキャブMiEVバン
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/25/318434.html/article/2019/01/25/318433.html/article/2019/01/25/318435.html