「強い物流」構築に向けたシンポジウム、ハード・ソフトを標準化へ 2月19日開催

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、トラックドライバー不足などによる物流危機が社会問題となっている中、「強い物流」を構築するためのシンポジウムを開催し、関係者の連携・協働によるハード面・ソフト面における標準化の取り組みを促進する。

今後の日本の経済成長と国民生活を支えていく「強い物流」の構築が求められている。国土交通省では、「強い物流」を実現するため「総合物流施策大綱(2017年度~2020年度)」に基づく物流の生産性向上に向けて「繋がる」「見える」など6つの視点で総合的、一体的に推進している。

今回、2月19日に「関係者の連携・協働による物流の生産性向上に資するシンポジウム」を東京都内で開催する。「強い物流」とは何か、関係者の連携・協働に向けてどのように取り組めばよいのか、荷主、物流事業者間におけるデータ・システム仕様、パレット仕様などのユニットロードの標準化による物流効率化の実践のやり方など、具体的な事例を交えながら、関係者の連携・協働による取り組みを考えてもらう。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本上空の宇宙空間に滞在し、国内での位置情報の測位を向上させる日本の準天頂衛星システム初号機『みちびき』のイメージ。
  • 国土交通省
  • イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型スクープ写真
  • BMW 4シリーズ CSL スクープ 予想CG
  • BMW 1シリーズ 新型スクープ写真
  • ポルシェ 911 スピードスター 市販型スクープ写真

ピックアップ