スバル群馬製作所、生産・出荷を再開 EPS対策部品を調達

スバル群馬製作所本工場(参考画像)
スバル群馬製作所本工場(参考画像)全 4 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は、電動パワーステアリング(EPS)の不具合により、全車両の生産・出荷を停止していた群馬製作所について、1月28日より生産・出荷ともに再開したと発表した。

スバルは、群馬製作所で生産している『フォレスター』『インプレッサ』『XV』のEPSに不具合がある可能性があるとし、1月16日夜から、生産・出荷を停止。『レガシィ』『アウトバッグ』『レヴォーグ』『WRX』『BRZ』、トヨタ『86』といった、不具合対象外のモデルも同一ラインで組み立てられているため、群馬製作所全車両の生産・出荷を停止していた。

今回、フォレスター、インプレッサ、XVに使用しているEPSについて、対策部品の準備ができたことで、生産を再開。このほか、レガシィ、アウトバック、レヴォーグ、WRX、BRZ、86も生産を再開している。

なおスバルは、連結業績への影響については、現在精査中とコメントしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル インプレッサ STIスポーツ
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • スバル レヴォーグ GT-H(プロトタイプ)
  • スバル・レガシィ(米国仕様)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ