自動車運送事業者のホワイト経営を見える化 国交省が報告書をとりまとめへ

UDトラックス 新型(参考画像)
UDトラックス 新型(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は1月28日、働き方改革に積極的に取り組む自動車運送事業者を「見える化」するための、認証制度についての報告書をまとめると発表した。

トラック・バス・タクシー事業の自動車運送事業は、運転者不足が深刻化しており、労働条件や労働環境を改善するとともに、運転者を確保・育成していくことが課題となっている。このため、国土交通省では、働き方改革に積極的に取り組む「ホワイト経営」を実践する自動車運送事業者の取り組み状況を「見える化」するため、昨年6月に「自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を設置し、新たな認証制度の創設について検討している。

これまで、認証制度の創設に向けて、制度の概要、認証項目・認証基準について、検討を進めてきた。今回、1月30日に「第3回自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を開いて報告書をとりまとめる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • イメージ
  • イメージ
  • トンネル内での惨事を免れたJR九州の特急『かもめ』。
  • スキャンツールの概要
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/29/318540.html/article/2019/01/29/318539.html/article/2019/01/29/318541.html