ホンダ 400X、フロント19インチタイヤで走破性向上 外観も一新へ

ホンダ 400X
ホンダ 400X全 3 枚写真をすべて見る

ホンダは、クロスオーバーモデル『400X』に19インチフロントタイヤを採用するとともに、外観を一新し、3月22日より発売する。

400Xは水冷4ストロークDOHC直列2気筒399ccエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるクロスオーバーモデル。新型は「冒険心を呼び起こす、正常進化 Cross Over」を開発キーワードに、よりアドベンチャーイメージを強調した外観に一新した。

フロントタイヤサイズを17インチから19インチに大径化しフラットダートでの走破性を向上。また、ウインドスクリーンの高さを従来モデルより20mm延長するなど、クロスオーバーモデルとして走破性と高速巡行時の快適性を追求している。

パワーユニットは、吸排気系を見直し、幅広い走行状況に対応できる力強い走りを実現。また、アシストスリッパークラッチを新たに採用し、よりスポーティーな走行に寄与するとともにクラッチレバーの操作荷重を低減するなどロングツーリングでの疲労感の軽減を図った。

電装は、シャープな造形のLEDヘッドライト、テールランプに加え、新たに前後ウインカーにもLEDを採用し軽量コンパクト化に寄与。新設計のLCDメーターは視認性を向上するとともに、ギアポジションインジケーターなどの機能を新たに採用している。

車体色にはアドベンチャーイメージを強調した「マットバリスティックブラックメタリック」とスポーティーなイメージを強調する鮮やかな「グランプリレッド」の2色を設定している。

価格は81万1080円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ドゥカティ スクランブラー アイコン
  • スズキ GSX-R1000R ABS トリトンブルーメタリック
  • ヤマハ・ライディング・アカデミー、インストラクター伊集院忍さん
  • LPL(開発責任者)筒井則吉氏(写真右)とLPL代行・吉田昌弘氏。
  • ドゥカティ ディアベル1260S
  • ホンダ 400X 新型
  • ホンダ CB650R 新型
  • KUSHITANI CAFE 阿蘇店

ピックアップ