スバルの世界生産台数、7年ぶりの前年割れ 2018年実績

スバル・インプレッサ
スバル・インプレッサ全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は1月30日、2018年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年比5.0%減の101万9364台で7年ぶりの前年割れとなった。

国内生産は『インプレッサ』『XV』が増加したものの、海外向け『フォレスター』の減少などにより、同7.0%減の65万9965台で2年連続の前年割れ。海外生産も『アセント』の生産開始があったものの、インプレッサの新型車効果が落ち着いたことによる減少が大きく、同1.1%減の35万9399台で5年ぶりのマイナスとなった。

国内販売は同16.0%減の14万8453台で、2年ぶりのマイナスとなった。登録車は新型フォレスターの大幅増があったものの、インプレッサや『レヴォーグ』の新型車効果が落ち着いたことなどで、同17.2%減の11万9330台で2年ぶりのマイナス。軽自動車は『シフォン』などが減少し、同10.6%減の2万9123台で、12年連続のマイナスとなった。

輸出はインプレッサやXVが増加したものの、フォレスターが減少し、同2.9%減の53万3001台。2年連続のマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル シフォン
  • ホンダe プロトタイプ(ジュネーブモーターショー2019)
  • スバル・インプレッサUS仕様
  • スバル・フォレスター新型(米国仕様)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/30/318584.html/article/2019/01/30/318583.html/article/2019/01/30/318585.html