フォードモーター、世界最大級の3Dプリント製部品を開発…ケン・ブロックの900馬力ドリフトマシンに[動画]

ケン・ブロックの『ジムカーナ10』に起用された「フーニトラック」。巨大なインテークマニホールドは3Dプリント製
ケン・ブロックの『ジムカーナ10』に起用された「フーニトラック」。巨大なインテークマニホールドは3Dプリント製全 2 枚写真をすべて見る

フォードモーター(Ford Motor)は1月29日、ケン・ブロックの『ジムカーナ10』に起用された1977年型フォード『F-150』ベースの「フーニトラック」用に、自動車向けとしては世界最大級の3Dプリント製部品を開発した、と発表した。

フーニトラックは、ピックアップトラックの1977年型フォード『F-150』をベースに、フォードのスーパーカー、『GT』の3.5リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを移植した。その最大出力は900hp以上に達し、『ジムカーナ10』ではケン・ブロックが迫力のドリフト走行を披露している。

フォードモーターはこのフーニトラック用に、世界最大級の3Dプリント製部品を開発した。3Dプリントは積層造形技術のひとつで、迅速で柔軟性があることから、一部の自動車メーカーが、少量生産のカスタムメイドパーツや非常に複雑な形状の部品の生産に活用している。また、3Dプリントで製作された部品は、プロトタイプ車の開発や車両の検証、走行テスト用車両などにも使用されている。

フォードモーターでは、フーニトラックのボンネットから頭をのぞかせているインテークマニホールドを、3Dプリントで製作した。このマニホールドは、ターボチャージャーからエンジンのシリンダーに空気を供給するアルミ製のインテークマニホールドで、複雑にカーブしたデザインが特徴だ。重量はおよそ6kgあり、製作には5日を要した。フォードモーターによると、自動車向けとしては世界最大級の3Dプリント製部品になるという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォード・マスタング・マッハE
  • フォルクスワーゲングループの新世代EV向けプラットフォーム「MEB」
  • 【MotorTrend】1933年式フォード・モデルB 前編
  • VWグループとフォードモーターの共同プロジェクト
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ