日産のEVカーシェアリング「e-シェアモビ」で、ワンウェイ運用を開始...福島県浜通り

NISSAN e-シェアモビ イメージ写真
NISSAN e-シェアモビ イメージ写真全 3 枚写真をすべて見る

日産自動車は1月31日、福島県浜通り地域で実証実験として運用しているEVカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」の新たな拠点として、富岡ステーション(福島県双葉郡富岡町)を開設したと発表した。

また、昨年12月に開設した浪江駅ステーションに続いて、今回2つ目のステーションが開設されたことに伴い、「NISSAN e-シェアモビ」で初のワンウェイ(片道)運用もスタートした。

使用する車両は、電気自動車の日産『リーフ』で、富岡ステーションはラウンドトリップ(往復利用)とワンウェイ(片道利用)各2台、計4台で運用する。

また、今回の富岡ステーション開設に伴い、すでに浪江駅ステーションで運用を開始しているラウンドトリップの日産リーフ 4台についても、ラウンドトリップ2台(24時間)、ワンウェイ2台(5時~23時)へと一部運用を変更する。これまでのラウンドトリップ(往復利用)に加え、ワンウェイ(片道利用)を開始することで、借用時とは別のステーションへの車両返却が可能となり、より利便性が向上する。

「NISSAN e-シェアモビ」は、東日本大震災と原子力災害によって失われた浜通り地域の復興・再生を目指す国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」(福島イノベ構想)の一環として取り組まれているもの。

浜通り地域の浪江~富岡間は、東日本大震災の影響により、現在もJR常磐線の不通区間となっている。「NISSAN e-シェアモビ」の開設により、福島イノベ構想に関連する施設・拠点間の移動のほか、浜通り地域を訪れた人の移動手段としても、日産リーフを便利に利用できる。

実証実験期間中は、利用時間に応じての時間課金料金システムとなる。入会金、月額料金は無料。「NISSAN e-シェアモビ」会員はそのまま利用できる。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2季連続王者となったベルニュ。
  • ダットサン・スポーツS211
  • 現行スカイライン
  • 日産 ピックアップ ナバラ
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • シボレー カマロ 現行型
  • ダチア ドッカー 次期型 スクープ写真
  • 日産 ピックアップ ナバラ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/01/318656.html/article/2019/01/31/318655.html/article/2019/02/01/318657.html