クラリオン、デモカーでQuad Viewナビと車載用FDSを体感…大阪オートメッセ2019出品予定

クラリオンNXV987D
クラリオンNXV987D全 3 枚写真をすべて見る

クラリオンは、2月9日から12日までインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2019」に出展する。

クラリオンブースでは、「ナビゲーション」「オーディオ」「ツール」「アプリケーション」の4コンテンツを1画面に同時表示する「Quad View(クワッド ビュー)」と、車載用フルデジタルサウンドシステム(FDS)を体感できるデモカー2台を用意する。

『レヴォーグ』では、レヴォーグ/WRX S4/WRX STIにディーラーオプションとして採用されているQuad Viewナビゲーションと専用FDSシステム「SPIRIT」を操作・試聴可能。車種に合ったアレンジ技術による心地よさを提案する。

『BRZ』では、市販のQuad Viewナビゲーション「NXV987D」とFDSをデジタル接続、さらにフルデジタルハイレゾツィーター「Z2H」を組み合わせたシステムを用意。超高音域再生に優れた、臨場感豊かなサウンドを体感できる。

そのほか、Quad Viewナビゲーション3台(市販向け9型、三菱自動車新型デリカD:5向け10.1型、SUBARU向け8型)を実機展示。Quad Viewナビゲーションの快適な画面操作や、目的地周辺で車を駐車場に止めてから、徒歩ルートを表示する「Door to Doorナビゲーション」機能を体感できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルシア(イメージ)
  • フォルシア(ロゴ)
  • クラリオン・フルデジタルサウンド
  • フォルシアクラリオン(東京オートサロン2020)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ