ポータブル冷蔵庫でクルマ旅をグレードアップ…ジャパンキャンピングカーショー2019

キャンピングカーの冷蔵庫での採用例も多数、澤藤電機ENGEL冷蔵庫も、キャンピングカーショー2019でブースを構える。
キャンピングカーの冷蔵庫での採用例も多数、澤藤電機ENGEL冷蔵庫も、キャンピングカーショー2019でブースを構える。全 13 枚写真をすべて見る

ジャパンキャンピングカーショー2019に、エンゲル冷蔵庫シリーズでおなじみの澤藤電機が出展。ブースでは、新しく製品ラインナップに加わったデジタルタイプの「ポータブルMシリーズ」が、キャンピングカーファンの注目を集めていた。

クルマ旅において、あると便利なものの一つがポータブル冷蔵庫だ。常に飲み物が冷えていること、買えるお土産の種類が増えることなど、冷蔵庫があれば、クルマ旅の可能性を広げることができる。

会場に展示されているキャンピングカーでも、ビルトインTシリーズを採用している車種、ビルダーは少なくない。キャンピングカーファン、アウトドアファンの中で知名度の高い冷蔵庫ブランドが、この澤藤電機のエンゲル冷蔵庫だ。

今回の目玉はデジタルタイプの冷蔵庫、ポータブルMシリーズだ。何がデジタルなのかというと、温度調節を1度単位でできること。庫内の温度モニタリングも1度単位なので、省電力化も実現できている。今回加わったのは32リットルタイプと40リットルタイプ、そしてその40リットルで二層式になっているものの3種類。いずれも、3分の1程度の容量的で売れ筋の「ポータブルSシリーズ」の消費電力に近いレベルを実現している。

また、会場のブースには主要ラインナップ、冷蔵庫の各モデルが並ぶ。様々な大きさや性能、ホットドリンクを温める温蔵から冷凍まで可能なものが設定されており、来場者が購入を検討する姿が多数見られた。

澤藤電機ブースの担当者は「今乗っている車がキャンピングカーでなくとも、ポータブル冷蔵庫があるだけで、クルマの旅はかなりグレードアップ、充実させることができるので、車種を問わずに冷蔵庫の導入を検討されてみては」と話していた。

ジャパンキャンピングカーショーに関するニュースまとめ一覧

《中込健太郎》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/03/318728.html/article/2019/02/03/318727.html/article/2019/02/03/318729.html