バスの位置情報をアマゾン・アレクサが回答 西鉄バスがサービスを提供へ

福岡市天神 (AC)
福岡市天神 (AC)全 3 枚写真をすべて見る

西日本鉄道は、2月4日から、アマゾンが提供する人工知能を活用した音声認識サービス「アレクサ」で、西鉄バスと連動した位置情報の音声案内を開始する。

同社では、「バスがどのぐらい遅れていて、いつ来るのかわからない」といった利用客の不安を解消し、利便性向上を図るため、バスの運行情報を携帯端末やパソコンから確認できるサービス「にしてつバスナビ」を2004年から開始している。

今回、新たに「にしてつバスナビ」で得られるバスの位置情報を「アレクサ」を使って提供する。アレクサを搭載するデバイスに「アレクサ、バスナビを開いて」と話しかけるだけで、予め登録したバス路線の位置情報を知らせる。今後、ルートや運賃などの情報を提供できるようバージョンアップする予定。

これまで、視覚だけでの情報提供していたが、音声でも対応することで、より多くの利用者利便の向上を図る。今後、他の設備でも音声案内サービスを拡充する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • AI活用型オンデマンドバス「のるーと」
  • 日産キャラバンマイクロバスとアプリ画面イメージ
  • スマートバス停のイメージ
  • 大牟田市内線で運行されていた時代の204号。
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/03/318730.html/article/2019/02/03/318729.html/article/2019/02/03/318731.html