キャンピングカーにバケットシートを装着するメリットとは?…ジャパンキャンピングカーショー2019

ブリッドブース(ジャパンキャンピングカーショー2019)
ブリッドブース(ジャパンキャンピングカーショー2019)全 4 枚写真をすべて見る

バケットシートはスポーツ走行向けというのが一般的な認識だが、ロングドライブが前提となるキャンピングカーこそ、バケットシートが重要と主張するのがブリッド。もちろんリクライニングすることが前提だが、ブリッドはトラックやキャンピングカー向けのバケットシートも手掛けている。

展示のメインは、『ハイエース』などバン向けのバケットシート「STREAM」シリーズと、トラック用バケットシートの「ZAOU」の2種類。競技用のバケットシートとの違いは、座面の厚さと背もたれの肩の部分の形状だ。バンやトラックの場合、乗り降りのしやすさなどを考え、座面の凹凸を減らしている。前後方向のサイズも少し小さくなる。大腿部分のホールド性は落ちるが、視点が高く、ステアリングの角度も乗用車と違うバンやトラックはこのほうが都合がよい。

肩の部分を覆う出っ張りも小さくなっている。ハイエースなどはピラーと干渉するからだ。また、4点式以上のベルトはつけられないので、背中のベルト穴もなくなる。

キャンピングカーは、商用バンやトラックをベースに作ることが多い。これらの車両は値段を下げるためシートは最低限の仕様のものが使われることが多い。ホールド性や快適性が犠牲にされるので、長距離ドライブでは疲れやすいといった欠点がある。その点、セミバケットタイプは疲れにくく安全だ。リクライニングするセミバケットタイプに交換するユーザーは少なくないという。

STREAMとZAOUに実際に座ってみたが、確かに商用バンの純正シートより座りごこちはよい。ホールド性はほどほどだが、重装備のキャンピングカーは横Gがかかるようなコーナリングはしないので十分だ。トラック用のZAOUは、今年のオートサロンでレザータイプの新製品が発表された。レザータイプは手入れが簡単でキャンピングカーやトラックではニーズがある。春頃には市販が開始される予定とのことだ。

なおブース担当者によれば、乗り心地や疲れないという点を重視して、むしろ助手席をセミバケットタイプに交換する人が多いとか。助手席にはドライバーの奥さんが乗ることが多いからだという。

《中尾真二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャパンキャンピングカーショー2019、TOWA ヴォーンR2B
  • ワークヴォックス・セドナ
  • 東和モータース/インディ108メイサイ(ジャパンキャンピングカーショー2019)
  • カナダ製キャンピングカーProLiteにけん引免許不要モデルEco登場
  • MINI エレクトリック 市販型スクープ写真
  • ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • シボレー コルベット ZR1 カスタムカー(Strasse Wheels)

ピックアップ