電動車いす、エレベーターと連携して自動走行 WHILLなど実証実験開始

実証実験に利用する予定のWHILL自動運転システム
実証実験に利用する予定のWHILL自動運転システム全 2 枚写真をすべて見る

パーソナルモビリティ開発・販売のWHILLは、エレベーターやセキュリティシステムと連携した「WHILL自動運転システム」の実証実験を三菱電機、Liquidと共同で開始した。

今回の実証実験では、WHILL自動運転システムを用いた、パーソナルモビリティ『WHILL』電動車いすと建物とのIoTによる連携を、三菱地所とSAPジャパンが開設したコラボラティブスペース「Inspired.Lab」で実施する。

具体的には、建物内のエレベーターとWHILLが通信回線で連携。無人のWHILLが近づくとエレベーターがWHILLのいる階に停止し、扉の開閉を行い、目的の階までWHILLを送り届ける。これにより、従来、同一フロアでしかできなかった自動走行を異なる階をまたいで実現する。

建物内のあらゆる場所に行くことをができるようにし、特定の場所にWHILLが利用者を迎えに行き、目的地まで到着した後、乗り捨てたWHILLが自動で待機場所に戻っていくなどの運用を目指す。また、建物のセキュリティシステムとWHILLの連携の実証実験も実施。セキュリティエリアの内外をWHILLが自由に通行できるような運用を行う。

WHILLでは、将来的には建物外など公道での自動走行も見据えて実証実験を展開。さらに、パーソナルモビリティとファシリティの連携から得た知見を、今後、物流ロボット、清掃ロボット、警備ロボットなどと建物の連携に活かしていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV