公共交通事業者がバリアフリー計画を策定するためのマニュアル  国交省が作成へ

公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画検討委員会のメンバー
公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画検討委員会のメンバー全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は2月1日、公共交通事業者がハード・ソフト両面のバリアフリー計画を策定するのに参考となるマニュアルを作成すると発表した。

2018年5月にバリアフリー法が改正され、公共交通事業者がハード・ソフト両面からバリアフリーを推進するための計画を作成・公表する制度が創設された。国土交通省では、公共交通事業者がバリアフリー化計画を策定・実行することを支援するため、計画策定に必要な項目・留意点・好事例をまとめたマニュアルを作成する。

マニュアルを検討するため、「公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画検討委員会」を新設して2月5日に初会合を開く。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本上空の宇宙空間に滞在し、国内での位置情報の測位を向上させる日本の準天頂衛星システム初号機『みちびき』のイメージ。
  • 国土交通省
  • イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型スクープ写真
  • BMW 4シリーズ CSL スクープ 予想CG
  • BMW 1シリーズ 新型スクープ写真
  • ポルシェ 911 スピードスター 市販型スクープ写真

ピックアップ