ツインリンクもてぎ、最高級観戦エリア「エグゼクティブスイート」が4月に登場

MotoGP日本グランプリ時のエグゼクティブスイートのイメージイラスト
MotoGP日本グランプリ時のエグゼクティブスイートのイメージイラスト全 2 枚写真をすべて見る

ツインリンクもてぎは、最高の環境とサービスを備えた観戦エリア「エグゼクティブスイート」を新設。全日本ロードレース(4月6~7日開催)を対象としたチケットを2月9日より一般販売する。

エグゼクティブスイートは定員42名で、眺めの良いグランドスタンドハウス2Fに2部屋を設置する。落ち着いた色調の室内空間には、コンシェルジュやバーカウンターを配置。従来のVIPスイートを超える、ワンランク上の格調を備えた特別で最高の観戦ラウンジとなる。

決定的瞬間を見逃すことがないように複数のモニターを設置し、レース映像とあわせてタイミングモニターも表示。また、Wi-Fi完備でスマートフォンでのインターネットも快適に利用できる。すべてのレース・イベントでは、ランチビュッフェを実施。シャンパンをはじめアルコール類も飲み放題。さらに、すべての観戦エリア入場と優先権を一枚にしたオールアクセス特典が付帯する他、レースウィークには、エグゼクティブスイート限定の特別なイベントやツアーも用意する。

ツインリンクもてぎではこの他、企業利用やグループで貸切可能な「プライベートスイート」(定員17名)も新たに1部屋設ける。

2019年は、MotoGP日本グランプリ、SUPER GT、ツインリンクもてぎ2&4レースなどのビッグレースのほか、花火の祭典など、様々なイベントで、エグゼクティブスイート/プライベートスイートの一般販売を行う。

エグゼクティブスイートの利用料金は、全日本ロードレース開幕戦が1人1万8700円。以降のレース・イベントについては、決定次第、の公式ウェブサイトにて発表する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MotoGP 日本GP 決勝レース
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • MotoGP 日本GP リキモリブース
  • MotoGP 日本GP ピアッジオブース
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/05/318804.html/article/2019/02/05/318803.html/article/2019/02/05/318805.html