VW パサート ベースの5ドアハッチ、シュコダ「スペルブ」改良モデルで電動化

シュコダ スペルブ 改良新型 スクープ写真
シュコダ スペルブ 改良新型 スクープ写真全 13 枚写真をすべて見る

チェコにおける自動車生産シェアNO.1ブランド、シュコダのフラッグシップ・5ドアサルーン『スペルブ』改良新型を、フィンランド山中でカメラが初めて捉えた。

初代スペルブは、1934年から1942年まで、旧チェコスロバキアで生産。1991年民営化に際してフォルクスワーゲン傘下に入り、2001年に2代目スペルブを59年ぶりに復活させた。ベースとなっているのはVW『パサート』で、実質シュコダデザインのパサートLWB(ロングホイールベース)版という立ち位置だ。

パサートが4ドアセダンなのに対し、5ドアハッチバックスタイルというのも特徴となっている。その後2008年の3代目を経て、現行モデルの4代目は2015年のジュネーブモーターショーで発表されている。

フルヌード姿で捉えた次期型プロトタイプは、アグレッシブなフロントバンパー、新LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトなどを装備。リアエンドでは、グラフィックが一新されたテールライトが見てとれ、その間には、クロムストリップ、またはライトストリップが装着されるはずだ。キャビン内には、ワイドなインフォテインメントディスプレイを装備し、洗礼されたセンターコンソールデザインが採用されるようだ。

パワートレインにも注目だ。『パサートGTE』から流用される1.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターのハイブリッドが予想され、最高出力は218psを発揮、EVモードで約50kmを走る。また1.5リットルTSIガソリン/ディーゼルエンジンもラインアップされるだろう。

ワールドプレミアの場は、3月のジュネーブモーターショーが有力で、今夏にもデリバリーが開始される。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/05/318818.html/article/2019/02/05/318817.html/article/2019/02/05/318819.html