VW系の米充電ステーション、テスラのバッテリー配備へ…オフピーク時に電力を蓄電

充電ステーションに、テスラのバッテリーを配備
充電ステーションに、テスラのバッテリーを配備全 3 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)の傘下で、米国で電動パワートレイン車の充電インフラを整備しているエレクトリファイ・アメリカは2月4日、全米100か所の充電ステーションに、テスラのバッテリーを配備すると発表した。

エレクトリファイ・アメリカはフォルクスワーゲングループと協力しながら、全米の主要都市に300か所以上、郊外に200か所以上、合計500か所以上に、急速充電ステーションを整備する計画を進めている。

同社は今回、全米100か所の充電ステーションに、テスラのバッテリー、「テスラ・パワーパック」を配備すると発表した。テスラのバッテリーシステムの導入は、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)など、電動パワートレイン車のユーザーの充電料金を抑えるのが目的だ。

テスラのバッテリーシステムに、オフピークの時間帯に電力を蓄電し、充電のピーク時に利用できるようにする。充電ステーションには、約350kWhの蓄電容量を持つ210kWのバッテリーシステムが設置され、後に容量を増やせるモジュラー設計とする。

出力は、一般的な50kWの急速充電器の7倍の350kWで、1分あたり最大約32km走行分の電力を電動パワートレイン車に充電できる。同社は米国42州の17都市の交通量の多い道路の充電ステーションに、テスラのバッテリーを配備していく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWポロ
  • 提携拡大を発表するVWグループとフォードモーターの両首脳
  • ボルグワーナーが開発した初の混合燃料対応ターボ
  • VWメキシコ工場で最後のザ・ビートルがロールアウト(7月10日)
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/06/318823.html/article/2019/02/05/318822.html/article/2019/02/06/318824.html