ファイアストン、インディカーシリーズのオフィシャルタイヤサプライヤー契約を2025年まで延長

ファイアストン、インディカーシリーズのオフィシャルタイヤサプライヤー契約を延長
ファイアストン、インディカーシリーズのオフィシャルタイヤサプライヤー契約を延長全 2 枚写真をすべて見る

インディカーとブリヂストンの米国子会社であるブリヂストンアメリカスは2月6日、ファイアストンブランドによる「NTTインディカーシリーズ」のオフィシャルタイヤサプライヤー契約を2025年まで延長すると発表した。

ブリヂストングループは、2000年からインディカーシリーズのオフィシャルタイヤサプライヤーとしてファイアストンブランド「Firehawk」を独占供給しており、今年で20年目を迎える。契約には、ファイアストンブランドが引き続きインディ500のオフィシャルタイヤとなることも含まれている。

ブリヂストンアメリカスは今回の契約延長に加え、米国オハイオ州に最新のレース用タイヤ生産施設「ブリヂストン アドバンスト タイヤプロダクションセンター」を建設する計画を発表した。同施設は、米国の研究開発拠点「ブリヂストン アメリカス テクニカルセンター」に隣接して建設。2020年末にはテスト用タイヤをインディカーシリーズに供給開始する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポテンザRE-12D TYPE A(東京オートサロン2019)
  • アウディ e-tron
  • サガン鳥栖 クラブマーク
  • POTENZA RE-07D
  • MINI エレクトリック 市販型スクープ写真
  • ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • シボレー コルベット ZR1 カスタムカー(Strasse Wheels)

ピックアップ