新名神 鈴鹿PA、商業施設「PIT SUZUKA」を3月17日オープン…F1マシンも展示

地域連携スペース
地域連携スペース全 12 枚写真をすべて見る

NEXCO中日本と、中日本エクシスは、新名神高速道路 鈴鹿パーキングエリア(PA)に商業施設「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」を3月17日16時にオープンする。

新名神 新四日市JCT~亀山西JCT間約23kmが3月17日16時に開通。併せて、鈴鹿PAも同日同時刻にオープンする。鈴鹿PAは上下線どちらからも利用できる集約型の施設で、中部圏と関西圏をつなぐ拠点となるパーキングエリア。スマートICや、一般道から利用できる「ぷらっとパーク」も備える。

PIT SUZUKAでは、三重県や近隣他府県のお土産などを多数取り揃えたショッピングコーナー、地元食材やご当地メニューを中心に提供するフードコートに加え、全国にカフェ&バーを展開している「プロント」がベーカリーカフェとして高速道路で初出店するほか、コンビニエンスストア「セブン‐イレブン」など9店舗がオープンする。

また、鈴鹿市の地域産業・伝統工芸の振興発信の場となる地域連携スペースを設置し、鈴鹿墨や伊勢型紙といった鈴鹿市の文化や伝統産業を展示する。加えて、鈴鹿サーキットのレースで使われたF1カーや、歴代の日本グランプリ優勝者の手形を展示。さらに8時間耐久レースの時期にはオートバイなど地域のイベントに合わせて定期的に展示品を入れ替える。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/11/318995.html/article/2019/02/11/318994.html/article/2019/02/11/318996.html