ポルシェジャパン、911カレラS/4S カブリオレ 新型の予約受注開始 1891万円より

ポルシェ911 4Sカブリオレ 新型
ポルシェ911 4Sカブリオレ 新型全 5 枚写真をすべて見る

ポルシェジャパンは2月12日、昨年のロサンゼルスモーターショーで初公開した新型『911カレラSカブリオレ』および『911カレラS4カブリオレ』の予約受注を開始した。

新型911S/S4カブリオレは、従来モデル同様全自動ソフトトップを採用。さらにガラス製のリアウィンドウを装備し、後方視界を確保する。またマグネシウム素材を導入し、高速でのルーフの変形を防止。ルーフの開閉時間は電動油圧式システムにより約12秒に短縮し、50km/h以下なら走行中でも開閉できる。

パワーユニットはカレラ同様、新世代の3.0リットル(2981cc)水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力は先代比30ps増の450psを発生。新開発の8速PDKとの組み合わせで、0~100km/h加速は後輪駆動のカレラSが3.9秒、4WDモデルのカレラ4Sは3.8秒と、圧倒的な加速力を見せつける。

価格は911カレラSカブリオレが1891万円、カレラS4が1997万円。いずれも右ハンドル仕様のみで、発売日は後日発表となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ911ターボ
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ911ターボ(930型)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV