ジープ レネゲード 改良新型、新世代1.3リットルエンジンを搭載[詳細画像]

ジープ レネゲード リミテッド
ジープ レネゲード リミテッド全 26 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、ジープ『レネゲード』改良新型モデルについて、充実装備の「リミテッド」を2月23日に発売。エントリーモデルの「ロンジチュード」と、4WD仕様の「トレイルホーク」を今春(予定)発売する。

今回のマイナーチェンジでは、デザインを刷新。フロントヘッドライトとリアコンビネーションランプは、新型『ラングラー』にインスピレーションを得たアイコニックな意匠に変更、モダンな表情に生まれ変わった。新設計のLEDヘッドライトは、従来比で明るさが20%向上。夜間走行時の視認性を高めた。このほか、ドアミラーの色をシルバーからグレーに変更(リミテッド)したほか、ホイールデザインも一新した。

パワーユニットは、従来の1.4リットル直列4気筒マルチエアエンジンに代わり、新世代1.3リットル直列4気筒マルチエア2エンジンを採用。新型エンジンは、セントラルダイレクトインジェクション、インタークーラー付ターボチャージャー、START &STOP機能を搭載し、優れたパフォーマンスと低燃費を両立する。リミテッドの場合、最高出力151ps(11ps増)、最大トルク270Nm(40Nm増)を発生。また13.5km/リットル(WLTCモード)と、高出力・高トルクながら、優れた燃費性能も実現している。

さらに、ドアミラーにオート格納機能を追加したほか、オーディオナビゲーションシステム「Uconnect」には、地上デジタルTVチューナーを標準装備。また、全車でカーエアコンの冷媒使用量を減少させるなど、環境面にも配慮している。

価格は355万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/15/319152.html/article/2019/02/15/319151.html/article/2019/02/15/319153.html