レイ・フロンティア、三井物産と資本提携 複合モビリティサービス分野への展開加速

三井物産 モビリティ第一本部 交通プロジェクト部 野瀬道広部長(右)と、レイ・フロンティア 田村建士代表取締役
三井物産 モビリティ第一本部 交通プロジェクト部 野瀬道広部長(右)と、レイ・フロンティア 田村建士代表取締役全 1 枚写真をすべて見る

位置情報分析プラットフォーム「Silentlog Analytics/SDK」を提供するレイ・フロンティアは2月14日、三井物産を引受先とする第三者割当増資で3億円を調達、複合モビリティサービス分野への展開を加速させると発表した。

Silentlog Analyticsは、AIを活用した行動情報の分析・調査を行うソリューション。レイ・フロンティアでは、位置情報分析データを活用した利用者の嗜好や行動特性を含むペルソナ分析、これを踏まえたマーケティング施策の実施・分析や個々の状態に適した情報のタイムリーな配信等を展開。また、モビリティ分野に特化した「モビリティ・フロンティア」および位置情報を活用した統合サービスを提供している。

レイ・フロンティアでは、今回の三井物産との資本提携を通じ、国内外企業へのSDK提供と行動データの収集・分析サービスを強化するとともに、同データを活用したモビリティ分野を中心とする新たなサービスの開発や、そのための開発人員を強化し、事業展開を加速していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • AI・高性能チャットボット「スグレス」
  • セレンス(イメージ)
  • AIエッジコンテストを開催
  • 日本版MaaS推進・支援事業を拡大
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット

ピックアップ