欧州と中国の両自工会が提携、電動化やコネクト&自動運転で協力へ

提携の調印を行う中国と欧州の両自工会首脳
提携の調印を行う中国と欧州の両自工会首脳全 1 枚写真をすべて見る

欧州自動車工業会(ACEA)と中国汽車工業協会(CAAM)は2月15日、提携協定を締結したと発表した。

今回の提携では、3つの分野に焦点を当てて協力を行う。そのひとつが、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの新エネルギー車と、新エネルギー車の充電やFCV(燃料電池車)などの燃料補給のためのインフラストラクチャーの開発だ。

2つ目が、コネクテッドカーや自動運転車の広範囲に渡る導入。3つ目が、CO2などの環境汚染物質の排出量基準の策定やテストでの協力となる。

また、欧州自動車工業会と中国汽車工業協会は、自動車の規格と規制の国際的な調和を推進するために、世界レベルで力を合わせることを計画している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラ・ハイブリッド
  • 欧州の自動車メーカーから出荷される乗用車
  • アウディA6新型、A7スポーツバック新型、A8新型、Q5新型のPHV
  • レクサス UX
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG

ピックアップ

Response.TV