ポルシェの整備工場で自動運転…タブレット操作で無人の入出庫テスト

ポルシェが整備工場で行う自動運転テストのイメージ
ポルシェが整備工場で行う自動運転テストのイメージ全 3 枚写真をすべて見る

ポルシェ(Porsche)は2月21日、ドイツ国内のポルシェの整備工場において、自動運転システムのテストを行うと発表した。

このテストは、ドイツのルートヴィヒスブルクにある整備工場で実施する。ドイツ・ベルリンに本拠を置く自動運転技術のスタートアップ企業、コペルニクス・オートモーティブと共同で行われる。

テストでは、整備工場の駐車場からワークショップに入庫する際の車両の移動を、ドライバーなしの自動運転で行う。メカニックがタブレットを使用して、ポルシェのスポーツカーを駐車場から自動運転で引き出し、整備終了後、再び自動運転で駐車場に戻すことを目指す。

また、AI(人工知能)テクノロジーが、車両の進行方向を制御するだけでなく、障害物などを認識し、走行ルートを計画する。走行速度は、7km/hに抑えられる。

ポルシェは実際のテストの前に、バーチャル環境でのテストを行う。100万km以上の仮想走行を実施し、その後の100日間の実走行テストにつなげていく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン ランボルギーニ ウルス BMW X7 アウディ Q8 アストンマーティン DBX メルセデスベンツ GLS
  • ポルシェ・パナメーラ 改良新型のプロトタイプ
  • ADVAN A005(ドライ用)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ