廃番パーツも型を起こして供給「レストアパーツ.com」...ノスタルジック2デイズ2019

ブース中央には、自社のパーツでシルエットを取り戻したレストア半ばのAE86が展示されていた。
ブース中央には、自社のパーツでシルエットを取り戻したレストア半ばのAE86が展示されていた。全 9 枚写真をすべて見る

最近の旧車の流行で気になるのはパーツの供給ではないだろうか。今年のノスタルジック2デイズ(23~24日、パシフィコ横浜)ではそんなニーズ、ファンの声に応える出展ブースも数多く見受けられた。

レストアパーツ.comは、メーカーですでに廃番になって供給されなくなった外板パーツを中心に、現物をもとに型を起こして、当時の純正品同等以上のクオリティで再生産している。

営業担当の井上さんは「もともと私たちは、アメリカで古いフォード『マスタング』などのパーツを供給していた会社の、日本の窓口としてスタートしました。どうせならば、ということで日産『スカイライン』、『フェアレディZ』、トヨタ「AE86」など、人気の高そうなモデルから供給をスタートさせています」という。

注文をしてくるのは主に板金工場やボディショップなど、クルマを修復、修理する工場が主だという。ノスタルジック2デイズでは、エンドユーザーも含めて、広く人々に再生産パーツについて知ってもらい、愛車の仕上げ修理に関しても安心してもらうとともに、「あこがれを持っている旧車を、パーツへの不安が理由であきらめないでほしい」と話していたのが印象的だった。

今後も需要などをみながら、さらに車種ラインナップを拡充していきたい、という。

《中込健太郎》

この記事の写真

/

ピックアップ