ホンダ・トヨタのレーシングマシン、イベントエリアで特別展示へ…モースポフェス2019

レッドブル・トロロッソ・ホンダ(STR13)
レッドブル・トロロッソ・ホンダ(STR13)全 4 枚写真をすべて見る

鈴鹿サーキットは、3月2日・3日に開催する「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」にて、イベントエリアであるGPスクエアで実施するイベント情報を発表した。

今回、GPスクエアには特別展示ブースやパフォーマンスエリアとステージを新設。特別展示ブースでは、トヨタGAZOOレーシングとホンダの世界で活躍するレーシングマシンやトロフィーを展示する。トヨタは「TS050 HYBRID(WEC)」「ヤリスWRC(WRC)」「レクサス LFA(ニュルブルクリンク24時間レース)」を、2018年のWECル・マン24時間レースおよびWRCの各優勝トロフィーとともに展示。ホンダは、「レッドブル・トロロッソ・ホンダ STR13(F1)」「NSX GT3」「レプソル・ホンダ・チーム RC213V(MotoGP)」「F.C.C. TSR Honda France CBR1000RRSP2(EWC)」「レプソル・ホンダ・チーム COTA4RT(トライアル世界選手権)」といった四輪・二輪のレーシングマシンと2018年 EWCル・マン24時間レース優勝トロフィーを展示する。

一方、パフォーマンスエリアでは、ラリーカー ヤリスWRCのパフォーマンスをはじめ、小川友幸選手/小林直樹選手/黒山健一選手によるトライアルバイクショー、トヨタとホンダの現役ドライバー同士でのカート対決、現役選手とファンが参加する「大運動会」などを実施する。

なお、モースポフェス2019は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すれば無料で入場できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤリスWRC
  • モースポフェス鈴鹿(2019年)
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • モースポフェス鈴鹿
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV