山形新幹線の観光列車『とれいゆ』がリニューアル…足湯の空き情報も表示 4月6日

足湯を楽しめる山形新幹線の観光列車『とれいゆ』。
足湯を楽しめる山形新幹線の観光列車『とれいゆ』。全 2 枚写真をすべて見る

JR東日本仙台支社は2月27日、リニューアルした山形新幹線の『とれいゆ』を4月6日から運行すると発表した。

『とれいゆ』は2014年7月から山形新幹線で『とれいゆつばさ』として運行を開始したE3系700番台6両編成による観光列車で、山形・新庄方の16号車には「くつろぎの間」と名付けられた足湯が設置されていることから「足湯新幹線」とも呼ばれている。

今回のリニューアルでは、16号車の足湯スペースに沿線の伝統工芸品である天童木工を使ったソファを設置するほか、お座敷車となっている12~14号車の座布団を天童名物の将棋駒をイメージしたものに変更する。

また、車内には7ヶ所に足湯の空き状況や沿線案内などを表示する多言語対応の案内用ディスプレイを、15号車にはスマートフォンなどの充電コーナーを設置。車内WiFiも今年度中に設置が進められる予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北海道・東北新幹線H5系の車内。E5系やE7系、W7系とともに4以上の車椅子用フリースペースを設けることとされている。
  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。

ピックアップ

Response.TV