ヤマハ トリシティ155 ABS、初のマイナーチェンジ 新シート採用で足つき性向上

ヤマハ トリシティ155 ABS
ヤマハ トリシティ155 ABS全 13 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、高速道路も走行できるフロント二輪のLMWモデル『トリシティ155 ABS』を初のマイナーチェンジ、3月20日より販売を開始する。

トリシティ155 ABSは「もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たす New Standard City Commuter」をコンセプトに開発。LMWテクノロジーによる安定感のあるコーナリングと上質なクルージング性能を兼ね備え、通勤からツーリングまで幅広いシチュエーションで新しいライディングの楽しさを味わえるモデルだ。

今回のマイナーチェンジでは、従来比で15mm低い765mmのフィット感に優れた新型シートを採用し、良好な足つき性と乗降性を実現。快適性に磨きをかけた。また、新色として、大人の上質さを体現するマットグレーを採用。継続色のホワイト、マットブルーと合わせ、3色展開とする。

価格は約2万円アップの47万5200円。

ヤマハ トリシティ155 ABS(マットブルー)ヤマハ トリシティ155 ABS(マットブルー)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ