DeNA×SOMPO、個人間カーシェアとカーリースの新会社設立 「0円マイカー」提供へ

向かって左からDeNA中島宏執行役員オートモーティブ事業本部長、DeNA代表取締おー役会長南場智子、SOMPOホールディングス西澤敬二国内損害保険事業オーナー、損害保険ジャパン日本興和中村愼一執行役員ビジネスデザイン戦略部長
向かって左からDeNA中島宏執行役員オートモーティブ事業本部長、DeNA代表取締おー役会長南場智子、SOMPOホールディングス西澤敬二国内損害保険事業オーナー、損害保険ジャパン日本興和中村愼一執行役員ビジネスデザイン戦略部長全 2 枚写真をすべて見る

DeNAとSOMPOホールディングスは2月28日、個人間カーシェア事業の合弁会社「DeNA SOMPO Mobility」とマイカーリース事業の合弁会社「DeNA SOMPO Carlife」を設立すると発表した。

自家用車の年間稼働率は時間で約3%と言われており、個人間でシェアすることで維持費を軽減したいというニーズは年々増加。DeNAは個人間カーシェアサービス「Anyca」を2015年9月から展開し、市場を牽引してきた。一方で、個人間カーシェアサービスでは、トラブルを予防し、保険による「安心・安全」の担保がこれまで以上に求められている。

新会社DeNA SOMPO Mobilityでは、DeNAが運営してきた個人間カーシェアサービス「Anyca」の事業は、4月から「DeNA SOMPO Mobility」が引き継ぎ、運営を開始。また、現在の24時間単位の自動車保険以上に個人間カーシェアに特化した専用保険の提供を検討する。

さらに、条件付きで一定回数クルマを無料で利用できる「0円マイカー」の提供も開始。カーシェアによる収益が車両価値を上回ると期待される車種をAnycaが貸与してオーナーになってもらい、オーナーは駐車場と車両貸し出しにかかわる作業を提供する。すでに車を所有している人には、Anycaから定額を毎月支給する。カーシェアのニーズが高い都市部から期間限定での提供を予定している。

車の受け渡しの利便性を向上させるため、2019年度からスマートデバイス(受け渡し用機器)を用意し、ドライバーはスマホで予約とドアロック解錠ができるようにする。BtoCカーシェアではすでに運用されている非対面受け渡しを個人間カーシェアでも実現する。

また、一定期間において車を定額で手軽に所有できるマイカーリースは、サブスクリプションモデルの一つとして、近年注目されている。新会社DeNA SOMPO Carlifeでは、個々の生活スタイルに合った車の所有方法の一つとして、これまでにない新しいマイカーリース事業を6月から展開する予定だ。

新たな提案は、サブスクリプションとシェアリングの組み合わせ。同社でリースした車をAnycaでカーシェアする仕組みを提案し、マイカーの実質負担を軽減する。新会社では、SOMPOホールディングスグループのネットワークを通じて、将来的には月間1000台規模の提供を見込んでいる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • DeNAに映る自動運転時代のモビリティ…DeNA常務執行役員オートモーティブ事業本部長中島宏氏[インタビュー]
  • クルマ定額サービス「SOMPOで乗ーる」自動運転時代の保険の行方…DeNA SOMPO Carlife取締役営業本部長久保田和史氏[インタビュー]
  • 商用車向け事故削減支援サービス DRIVE CHART
  • SOMPOで乗ーる(ロゴ)
  • トヨタ スープラ GRMN 市販型予想CG
  • BMW M2 CS スクープ写真 
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/28/319610.html/article/2019/02/28/319609.html/article/2019/02/28/319611.html