プジョー 208 新型にEV『e-208』、航続450km…ジュネーブモーターショー2019で発表予定

PSAグループの電動化戦略に沿って登場

最新版「i-Cockpit」には最大10インチの大型タッチスクリーン採用

最新の先進運転支援システムを設定

プジョー e-208
プジョー e-208全 20 枚写真をすべて見る

プジョーは、3月5日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2019において、新型プジョー『208』(Peugeot 208)のEV、プジョー『e-208』を初公開すると発表した。

プジョー208は、『207』の後継車として2012年3月、ジュネーブモーターショー2012で発表された。プジョーの主力Bセグメント車が208となる。その208がデビューから7年を経て、モデルチェンジを行い、ジュネーブモーターショー2019で新型がデビューする。

PSAグループの電動化戦略に沿って登場

2世代目モデルの新型に設定されるのが、EVのプジョーe-208だ。プジョーが属するPSAグループは、全モデルへの電動パワートレイン車の設定を計画している。この計画に沿う形で、新型208にEVがラインナップされた。

プジョーe-208は、「e-CMP」と呼ばれる電動モジュラー車台をベースに開発された。EVパワートレインは、モーターが最大出力136hp、最大トルク26.5kgmを発生する。バッテリーは、蓄電容量が50kWhと大容量だ。この効果で、1回の充電で最大450km(NEDC計測)の航続を備える。


バッテリーの充電は、家庭用コンセントでおよそ16時間。三相コンセントでおよそ5時間15分だ。出力100kWの急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの8割の容量をおよそ30分で充電できる。

プジョーe-208は、3種類のドライブモードを持つ。「エコ」「ノーマル」「スポーツ」だ。このうち、スポーツではパフォーマンスが重視され、0~100km/h加速は8.1秒で駆け抜ける。

最新版「i-Cockpit」には最大10インチの大型タッチスクリーン採用

プジョーe-208には、最新の「i-Cockpit」を採用する。i-Cockpitは、コネクティビティを重視したプジョーの新世代コクピットだ。i-Cockpitはプジョーが2012年、まずは先代208に採用。その後、『2008』、『308』、『3008』、『5008』と、導入車種を拡大した。現在ではおよそ500万台以上に、i-Cockpitが搭載されている。


プジョーe-208には、最新のi-Cockpitを採用した。直感的で、より自然なドライビングエクスペリエンスを目指してデザインされた操作パネルが特徴だ。人間工学に基づいたタッチスクリーンも採用された。ドライバー正面のメーターは、デジタル表示となっており、情報がホログラム形式で投影される。

また、ステアリングホイールをよりコンパクトにし、ドライバーの視界や足下スペースを開放できるように配慮した。最大で10インチの大型タッチスクリーンは、インストルメントパネルの中央へ配置。その下に、各種スイッチが並ぶ。8速ATのシフトレバーは電気式で、ワンタッチ操作が可能。ステアリングホイールには、パドルシフトを装着する。


センターコンソールの収納スペースでは、スマートフォンを誘導充電できる。Appleの「CarPlay」や、グーグルの「Android Auto」に対応。最大4つのUSBソケットが装備できる。TomTomの「トラフィック・コネクテッド3Dナビゲーション」は、交通状況と危険な場所をリアルタイムで表示する。

最新の先進運転支援システムを設定

プジョーe-208には、最新の先進運転支援システム(ADAS)として、「レーン・ポジション・アシスト」、最新世代の自動ブレーキ、「ディスタント・アラート」、「アクティブ・レーン・キーピング・アシスト」、「ドライバー・アテンション・モニタリング」、「駐車アシスト」、「交通標識認識」、「アクティブ・ブラインドスポット・モニタリング」などが設定されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/04/319746.html/article/2019/03/04/319745.html/article/2019/03/05/319747.html