ハーレー、新ツーリングモデル『エレクトラグライド スタンダード』の予約開始

ハーレー エレクトラグライド スタンダード
ハーレー エレクトラグライド スタンダード全 10 枚写真をすべて見る

ハーレーダビッドソン ジャパンは、2019年新ツーリングモデル『エレクトラグライド・スタンダード』の国内予約販売を3月5日より開始した。

ミルウォーキーエイト107エンジンを搭載するエレクトラグライド・スタンダードは、風圧軽減に適したアイコニックなバットウィング・フェアリングをはじめ、クロームトリム、サドルバッグ、キャストアルミホイールを装備。アクセントにはクロームを用い、カムやダービーカバーなどにはブラックアウトが施され、伝統的なカラーコンビネーションとモダンなスタイリングを両立させている。

新ツーリングスタンダードとなる新型車は、クルーズコントロール、手動エマルジョンリアショックアブゾーバ、デュアルベンディングバルブサスペンションを備えた49mmフロントフォーク、ABS搭載リフレックスリンクドブレーキ、セキュリティシステムなどを標準装備する。その一方、ビビッドブラックの単色展開と、インフォテインメントシステムを非搭載とするなど、シンプルさも追及。ツーリングモデルの中でも購入しやすい価格を実現している。

価格は290万5200円。国内出荷は2019年5月より開始する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/06/319833.html/article/2019/03/06/319832.html/article/2019/03/06/319834.html