カワサキ、最新モデル16台を展示予定…大阪・東京モーターサイクルショー2019

カワサキ ブースイメージ
カワサキ ブースイメージ全 14 枚写真をすべて見る

カワサキモータースジャパンは、大阪モーターサイクルショー2019(3月15日~17日:インテックス大阪)と、東京モーターサイクルショー2019(3月22日~24日:東京ビッグサイト)に出展、最新モデル14車種、16台を展示する。

カワサキブースでは、「ブランドアイコンゾーン」「モーターサイクルライフゾーン」「体感ゾーン」の3ゾーンを用意。ブランドアイコンゾーンでは、「Ninja H2カーボン」「Ninja H2 SX SE+」「Ninja ZX-10RR」といったフラッグシップモデル3台を展示し、カワサキブランドを訴求する。また、モーターサイクルライフゾーンには、アドベンチャーモデル「ヴェルシス1000 SE」、レトロモデル「W800カフェ」、レーサーレプリカ「Ninja ZX-6R」の3台を展示。さまざまなバイクライフを提案する。

体感ゾーンでは、「ヴェルシス1000 SE」「Ninja ZX-10R SE」「Ninja 1000」「Z900RS」「W800カフェ」「W800ストリート」「Ninja ZX-6R KRTエディション」「Ninja 650」「Z400」「Ninja 250」の10台を展示。実際に跨ってカワサキモーターサイクルの魅力を体感できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ