ボルボ、フルサイズの自動運転EVバスを発表…全長12mで定員85名

ボルボのフルサイズの自動運転EVバス
ボルボのフルサイズの自動運転EVバス全 1 枚写真をすべて見る

ボルボグループ(Volvo Group)は3月6日、世界初のフルサイズの自動運転EVバスを発表した。

このフルサイズの自動運転EVバスは、ボルボ『7900エレクトリック』をベースに開発された。全長は12m、乗車定員は85名だ。

自動運転EVバスには、センサーと人工知能(AI)によって管理されるナビゲーションコントロールシステムを搭載する。センサーにはLiDARが含まれており、カメラとともに、車両の周囲360度をモニターする。

また、AIシステムは、最大限の安全性と信頼性を確保するために、サイバーセキュリティシステムで保護されている。

ボルボグループはシンガポールの南陽理工大学(NTU)と共同で、フルサイズの自動運転EVバスの実証実験を開始する予定。大学キャンパス内において、自動運転EVバスの実用性を確認していく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイムラートラックとボルボグループの燃料電池の量産に向けた合弁事業のイメージ
  • いすゞギガ(東京モーターショー2019)
  • UDトラックスがボルボの協力を得て開発し、海外市場で販売するUDトラックス・クエスター(東京モーターショー2019 )
  • ボルボ 7900 エレクトリック
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ