ランボルギーニ初のハイブリッド「UNICO」、早くも5億円のプレミア価格に

自動車 ニューモデル 新型車
「UNICO」のベースとなったランボルギーニ Terzo Millennioコンセプト
「UNICO」のベースとなったランボルギーニ Terzo Millennioコンセプト 全 6 枚 拡大写真
ランボルギーニ初のハイブリッド・ハイパーカー、『UNICO』が9月のフランクフルトモーターショーで初公開される可能性が高いことがわかった。

コードネーム「LB48H」と名付けられたUNICOは、2017年公開の『Terzo Millenio Concept』(テルッツォ・ミッレニオ・コンセプト)をベースとした同ブランド初のハイブリッドモデルで、形状修復性を持つカーボンファイバーボディを特徴とするハイパーカーだ。

パワートレインは、6.5リットルV型12気筒NAエンジンを搭載し、最高出力エンジン出力789ps、電気モーター49psを組み合わせ、最高出力は838psを発揮する。全世界で限定63台が発売され、すでに完売だという。価格は250万USドル(約2億8千万円)だが、すでにプレミア価格で500万USドル(約5億5千万円)を超えているという情報も入っている。

またランボルギーニは、UNICOとは別のハイパーカー計画をもっていると伝えられており、アストンマーティン『ヴァルキリー』やマクラーレン『セナ』を標的に、1000ps級のハイブリッド・ハイパーカーとなりそうだ。

ランボルギーニ初のハイブリッド「UNICO」、9月初公開へ...プレミア価格は5億円!?

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • Camel Autocyle 2020年型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/10/319940.html/article/2019/03/10/319939.html/article/2019/03/10/319941.html