【ジープ レネゲード 改良新型試乗】生活パートナーでありながらジープのキャラ…河口まなぶ

ジープ・レネゲード改良新型試乗
ジープ・レネゲード改良新型試乗全 38 枚写真をすべて見る

ジープの持つ世界観をより手軽に味わえるモデルとして、登場当初から高い人気を得ているのが『レネゲード』。ジープ・ブランドの中ではもっともコンパクトなこのモデルが、フェイスリフトを受けてその内容をより充実させた。

ラングラーとの繋がり、ジープのファミリーデザイン

今回のマイナーチェンジで大きなトピックとなるのは、デザイン的に『ラングラー』との繋がりが深くなったこと。写真を見れば一目瞭然だが、フロントのヘッドライトとリアのコンビネーションランプは、新型ラングラーを彷彿させるアイコニックなものとなっている。それだけに見た瞬間から、ジープ・ブランドに属すモデルであることを今まで以上に認識できるようになったわけだ。


そしてもちろん、この印象的なヘッドランプは機能も一新していて、デイタイムランニングライト、ロービーム、ハイビーム、フォグランプの全てがLEDになっている。またエクステリアではこの他に、ドアミラーのカラーがシルバーからグレーに変更され、ホイールデザインも一新されているのが特徴だ。

これによってレネゲードの見た目はよりジープ・テイストが増すと同時に、これまでになかった精悍な感覚も手に入れた。そうした雰囲気に大きく貢献しているのはやはり、フロントのヘッドライトのデザイン変更だろう。形状こそ丸型で親しみやすい愛らしさを感じるが、中に入るLEDユニットが精悍な感覚と先進性も感じさせる要素になっている。またリアからの眺めに関しても、新ラングラーのテイストが感じられるので、より本格的なジープの雰囲気を醸し出す要素になった。

エンジンは1.3リットル直列4気筒、リミテッドで11psプラス

そして今回はフェイスリフトに伴って、搭載エンジンも新たになった。これまでレネゲードは1.4リットルの直列4気筒マルチエア・エンジンを搭載していたわけだが、今回から1.3リットルの直列4気筒マルチエア2と呼ばれる新型エンジンが搭載されたのだ。

このエンジンはセントラルダイレクトインジェクションやインタークーラー付ターボチャージャー、そしてスタート&ストップ機能を備えており、パフォーマンスと燃費の両立をより一層目指したもの。結果エンジンのスペックは、リミテッドの場合は従来に比べて11psアップとなる151psを実現している。そして最大トルクは40Nm増となる270Nmを達成した。さらに燃費性能もWLTCモードで13.5km/リットルという数値を実現している。

必要十分以上のパワー&トルク、キビキビとした取り回し

今回は実際に東京新宿近辺の街中に始まり、首都高から中央道を通って福生まで足を伸ばしたが、印象的だったのはエンジンの力強さ。その排気量を聞くと「大丈夫か?」と思うものの、実際に走ると必要十分以上のパワー&トルクを備えており、1440kgのボディを余裕で加速させる。

特に1850回転と実用域で最大トルクの270Nmを発生するため、街中ではエンジン回転をあげずに気持ちよく走れるし、ジープのモデルでありながらボディサイズはさほど大きくないため、キビキビとした取り回しも印象的だ。また組み合わせるデュアルクラッチの6速もCVT等は異なるダイレクト感が魅力で、これも小気味良い走りを感じさせる要素になっている。

一方高速道路では、法定速度の巡行ではエンジン回転はやはり2000回転前後でしかないので、エンジンの騒音振動等も気になることがなく静粛性も良好だ。加えて乗り心地は、街中/高速ともに極めてフラットな印象。これが街中ではキビキビとした感覚につながり、高速ではピタッと直進する感覚を生んでいる。だからそのスタイリングこそジープだが、実は街中を自在にかける良き相棒になると同時に、遠出も厭わないツアラーにもなってくれるわけだ。

こんな具合にして、楽しい生活のよきパートナーを感じさせつつ、ジープとしてのキャラクターを存分に味わえる、ライフスタイルを感じさせる1台でもある。

唯一気になるとすれば、自動ブレーキをはじめとする安全装備もしっかり備わるが、アダプティブクルーズコントロールは30km/h以下はサポートしない。それ以外ではアップルカープレイにも対応するなど、まさに現代のカーライフに必要なすべてを備えた1台、という印象を受けた。

河口まなぶ|モータージャーナリスト
1970年5月9日茨城県生まれ。当初から一貫して"自動車の楽しさ気持ち良さ"を追求し続け活動を行う。雑誌、ウェブ、TV、新聞のみならず、ユーザーと直接対話するイベントも開催している。自身のブログ「まなブログforみんカラ」は月10万~20万アクセスを記録する人気ブログ。また自身の動画サイト「Manavideo」チャンネルをyoutubeにて展開中。Twitterをベースにしたweb上の自動車部である「LOVECARS!」も主宰。

《河口まなぶ》

この記事の写真

/

ピックアップ