JR九州が平成最後の全駅入場券セットを発売…「1.5.1」日付入りで11万円 転売はNG

「31.4.30」入り平成駅入場券と「1.5.1」入り全駅入場券がセットになったJR九州の改元記念入場券セット。日付は昔ながらのダッチングマシンで入れたものと同じ書体で、券面を活版印刷で表現。3月16日現在、不通のため営業していない駅の入場券も含まれ、切符がバインダーに納められていない状態で提供される。
「31.4.30」入り平成駅入場券と「1.5.1」入り全駅入場券がセットになったJR九州の改元記念入場券セット。日付は昔ながらのダッチングマシンで入れたものと同じ書体で、券面を活版印刷で表現。3月16日現在、不通のため営業していない駅の入場券も含まれ、切符がバインダーに納められていない状態で提供される。全 2 枚写真をすべて見る

JR九州は3月12日、新元号への改元を記念した全駅入場券セットを発売すると発表した。

専用のバインダーと、平成最後の日となる「31.4.30」の日付が入った豊肥本線平成駅のD型硬券入場券1枚、新元号最初の日となる「1.5.1」の日付が入ったJR九州全駅(平成駅を含む567駅)のB型硬券入場券がセットになったもの。

200セットが発売され、発売額は11万円。通信販売のみで、購入にはJR九州ウェブサイトの会員サービスへの登録が必要。申込みは3月27日17時まで受け付ける。1人1セットまで購入できるが、発売数を超えた申込みがあった場合は抽選となる。

発送は4月下旬を予定しているが、JR九州では「転売目的でのご購入はご遠慮ください」と呼びかけている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/12/320043.html/article/2019/03/12/320042.html/article/2019/03/12/320044.html