三陸鉄道リアス線開業に伴なう上限運賃が認可…163kmまで設定、最長で3710円 3月23日から適用

リアス線の開業が10日以内に迫った三陸鉄道。同鉄道が設立した草野球チーム「三陸鉄道キットドリームス」のゼネラルマネージャ(GM)に就任した、読売ジャイアンツの岩隈久志投手が登場するリアス線運行開始カウントダウン特設サイトも開設されている。
リアス線の開業が10日以内に迫った三陸鉄道。同鉄道が設立した草野球チーム「三陸鉄道キットドリームス」のゼネラルマネージャ(GM)に就任した、読売ジャイアンツの岩隈久志投手が登場するリアス線運行開始カウントダウン特設サイトも開設されている。全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省東北運輸局は3月13日、岩手県の三陸鉄道から2月21日付けで出されていた上限運賃設定認可申請を、3月12日付けで認可したことを明らかにした。3月23日のリアス線正式開業時に適用する。

現在の三陸鉄道は、上限運賃設定区間が北リアス線宮古~久慈間に相当する71kmまでとなっているが、3月23日にJR東日本山田線宮古~釜石間55.4kmを承継し、現在の南リアス線(盛~釜石)と北リアス線を編入したリアス線が正式開業することにより、通算の営業キロが163kmにおよぶことから、新たに71~163kmの上限運賃が設定されることになった。

申請内容によると、すでに設定されている71kmまでの区間では上限運賃の変更はなく、新設区間では60円刻みで32段階の運賃が設定される。これにより、既存の上限運賃区間を含む最長の普通運賃は3710円となる。また、定期運賃では、最高額となる最長区間の6ヶ月用が通勤で81万7400円、通学で48万820円となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/13/320097.html/article/2019/03/13/320096.html/article/2019/03/13/320098.html