トヨタ博物館、4000点を展示するクルマ文化資料室をオープン 4月17日

クルマ文化資料室(イメージ)
クルマ文化資料室(イメージ)全 10 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、「移動は文化」をテーマに、約4000点の文化資料を展示する「クルマ文化資料室」を4月17日にオープンする。

トヨタ博物館は、1989年4月の開館以来、自動車(実車)だけではなく、国内外の自動車文化の関連資料も収集。その数は、書籍、雑誌、カタログが約20万点、その他の文化資料は約1万5000点にのぼる。同館では、2015年から開館30周年に向けて常設展示のリニューアルを段階的に実施してきたが、今回、その一環としてクルマ文化資料室をオープンする。

メインとなる「クルマ館」で展示する自動車約140台が「作り手(メーカー)」の紡いできた歴史であるのに対し、「クルマ文化資料室」は実物の「クルマ」は1台もない。「クルマ」がどのように社会に受容され、どのようなイメージで表現されていったのか、その軌跡をたどる。約800台のミニチュアカーで構成するタイムラインを軸として、世界初のモーターショーのポスターや、世界初のダイキャストミニチュアカーなど多様に織りなされた自動車文化のありようを9つのゾーンに分けて紹介する。

「昔の出版物に見る乗り物文化(錦絵、引札、うちわ絵、すごろく)」では、開国から明治維新により登場した馬車や人力車、鉄道など、交通手段が近代化していく様子を色鮮やかに描いている錦絵など、約40点を紹介する。

「自動車と出版物(自動車雑誌・カタログ)」では、世界初の自動車雑誌「La Locomotion Automobile」を始まりとし、1894年から2000年頃までに欧州、米国、日本で創刊した自動車雑誌64冊の表紙でその変遷を紹介。カタログは年代ごとに約150冊を展示する。

「自動車ポスター」では、同館が所蔵する約300点のポスターから、自動車メーカー、自動車部品・用品メーカー、モーターショーなどのテーマ毎に紹介。世界初のモーターショー「パリ自動車ショー(1895年)」のポスターをはじめ約30点を展示する。

そのほか、カーバッジ約400点、カーマスコット約180点、自動車切手約1200点、自動車玩具・ゲーム約640点、世界のライセンスプレート約100点、文学・マンガ・映画・音楽約130点を展示する。

同館では4月17日から6月30日は、クルマ文化資料室オープン関連展示として「馬なし馬車から自動車へ」を開催する。馬なし馬車は誕生当初、好奇の目にさらされたが、次第に人々の暮らしに入り込み、独自の自動車文化を醸成。その様子を実車と雑誌、ポスター等のクルマ文化資料によって紹介する。展示車両は車両は、ドディオン・ブートン(1899・仏)、ロコモビル・スチーマー(1899・米)、キャデラック・モデルA(1902・米)、パナール・ルヴァッソール(1906・仏)、ルノー タイプDJ(1913・仏)、ルノー 6CV(1925・仏)、フォード モデルT(1927・米)、人力車(明治後期・日)の8台。また、5月25日と6月1日は、走行披露「60s ライトウェイトスポーツカー」を開催。ホンダ S800(1967・日)、トヨタ スポーツ800(1965・日)、ロータス エリート(1961・英)の3台が登場する。

トヨタ博物館の入館料は、大人1000円、シルバー(65歳以上)500円、中高生600円、小学生400円。クルマ文化資料室がオープンする4月17日から26日までは周年謝恩ウイークとして入館料が半額となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/14/320111.html/article/2019/03/14/320110.html/article/2019/03/14/320112.html