アウディ A4、燃料漏れのおそれでリコール

アウディ A4(2016年)
アウディ A4(2016年)全 2 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは3月13日、『A4 1.4TFSI』の燃料パイプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2016年9月15日~2017年6月3日に輸入された578台。

今回のリコールでは、燃料パイプの取付けボルトの締め付けトルクが不足しているものがあることが発覚。走行振動等によりボルトが緩み、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料パイプ取付けボルトを規定トルクで締め付ける。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ コンチェルトの兄弟車も…あの頃の輸入ステーションワゴン・その2【懐かしのカーカタログ】
  • アウディ A4 セダン 改良新型
  • アウディ A4オールロードクワトロ(2012年)
  • アウディ TT RSクーペ のアニバーサリーパッケージ 25 イヤーズオブ RS
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ