「308TCR」がモチーフ…プジョー スピードファイトR-カップ に原付免許で乗れる50cc登場

プジョー スピードファイト 50 R-カップ
プジョー スピードファイト 50 R-カップ全 2 枚写真をすべて見る

ADIVA(アディバ)は、プジョーの125ccスポーツスクーター『スピードファイト』シリーズに、50ccのニューモデル「スピードファイト 50 R-カップ」を追加し、3月15日より発売する。

1997年にデビューしたスピードファイトは、。軽量コンパクトな車体にレスポンスのよいエンジン(最高出力11ps)を搭載し、きびきびとしたハンドリングを実現。デュアルヘッドライトやペタルフロントブレーキディスク、レーシングカーのようなリアウイングなど、アグレッシブなルックスも魅力だ。

R-カップは、ツーリングカー選手権(TCR)に参戦するレーシングマシン「308TCR」にインスパイアを受けたグラフィックが特長。50ccモデルでは、125ccモデルの水冷エンジンに対し、空冷エンジン(最高出力3.6ps)を採用することで、さらなる軽量化とともにメンテナンスコストを抑えている。

今回、125ccのみだったラインアップに「原付免許で乗れる50ccモデル」が追加。より多くの人がスピードファイトを楽しめるようになった。

価格は32万2920円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ