【JNCC 第1戦】馬場大貴、悲願のビッグタイトル---新たな風

【JNCC 第1戦】馬場大貴、悲願のビッグタイトル---新たな風
【JNCC 第1戦】馬場大貴、悲願のビッグタイトル---新たな風全 32 枚写真をすべて見る

2019年も、360台オーバーの参加者を集めて前年を上回り、いいスタートを切ることができたJNCC。例年通り河内長野の街を望む、大阪府プラザ阪下での開幕となった。

昨年までは、GNCC帰りの小池田武がぬきんでたスピードを持ち込み、これに果敢に挑戦していくライダー達といった構図だったものの、今年になって小池田はフル参戦をとりやめており、この開幕にも姿を見せていない。ディフェンディングチャンピオンたる渡辺学、そしてXC界を牽引してきた鈴木健二の2強に絞られたトップ争いになるのではないかとの見方が優勢だ。

渡辺、鈴木に立ち向かうライダー達も、しかしこの阪下に策を講じてきた。小林雅裕は約20年ぶりという2ストロークのGASGASに乗り換え、トップカテゴリーAAのルーキー陣馬匠はBetaへ。また、鈴木健二は新型のYZ250Fに乗り換えている。また、馬場大貴がホンダからYZ250X(ヤマハ)へ。本人曰く「乗りたいモノに乗ろうと思って」とのこと。

スタートで飛び出したのは、ホールショット男の石戸谷蓮。しかし、すぐに渡辺学がトップへ立ち、トップ集団を形成していく。早めに2番手へつけたのは、田中教世。鈴木は出遅れたものの、オープニングラップ中には3番手へ浮上。集団における捌きの巧さを見せつけた。

トップ陣の行方を阻んだのは、阪下名物でもある丸太だ。高さこそいつもより低いように見えるが、組み方の妙で難易度が相当上がっているうえ、雨の影響で特にスリッピーになっていた。最もめだつ1周目では、トップ渡辺らも足下を掬われるほど。

そうこうしているうちに、気を吐き始めたのは馬場だった。ペースを上げて上位へ食い込んできたと思いきや、いつのまにかトップの渡辺に追いすがる馬場。渡辺は言う。「丸太のセクションで、大貴はミスしてコースアウトしてしまい、そのまま丸太をカットしてしまったのを見た。あれで失格になったか、トップ争いには絡まないものと思い込んでしまったんだよね」と。馬場は、その後そのミスに関して20秒ストップのペナルティを食らってしまうが、26歳の若さこそなせるワザか、ものともせずグイグイ巻き返しを図る。

結果、数周でトップを奪い返した馬場が、ラストラップまでペースを落とすことなく攻め続け、初優勝。「練習をしっかりしていきたのがよかったのだと思うんだけど、実際はここまで行けるとは思ってなかったですね。ペースもいつもどおりなイメージでした」と馬場はコメント。プラザ阪下はモトクロス経験者にあるていど有利なレイアウトではあるものの、突如としてあらわれた新星にJNCC界隈は大いに沸いている。これまでとは違ったシーズンになりそうな気配に、大いに期待が持てるのであった。

《稲垣 正倫》

この記事の写真

/

ピックアップ