東京五輪期間中は東京圏の終電を2時過ぎまで延長へ…JRや大手私鉄など19社局が検討

内・外両方で深夜2時過ぎまでの終電延長が検討されている山手線。
内・外両方で深夜2時過ぎまでの終電延長が検討されている山手線。全 2 枚写真をすべて見る

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(組織委)は3月15日、東京オリンピック期間中の鉄道における深夜帯運行計画の概要を明らかにした。

東京オリンピックでは、早朝から深夜にかけて33競技339種目が42の会場で実施されるが、期間中は列車の混雑が予想されることや、深夜における競技会場からの帰宅の足を確保する必要が生じることから、終電延長などの協議や調整が組織委、東京都と東京圏の各鉄道事業者との間で行なわれきた。

組織委からの発表によると、現在、深夜帯の運行を検討している事業者は、JR東日本、京浜急行電鉄(京急)、東京臨海高速鉄道、東武鉄道(東武)、東京地下鉄(東京メトロ)、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)、西武鉄道(西武)、相模鉄道(相鉄)、埼玉高速鉄道、京成電鉄(京成)、北総鉄道、東京都交通局、京王電鉄(京王)、東京モノレール、横浜市交通局、小田急電鉄(小田急)、ゆりかもめ、東京急行電鉄(東急)、横浜高速鉄道の19社局となっている。

開会式から閉会式までに相当する2020年7月24日深夜から8月9日深夜までは、山手線や東京メトロ、都営地下鉄でおおむね2時過ぎまでの運行が、その他の路線についてはおおむね1時台から2時頃までの運行が検討されており、JR東日本山手・京浜東北・武蔵野・横浜の各線、東京メトロ・都営地下鉄・横浜市営地下鉄の各線、東京臨海高速鉄道りんかい線、ゆりかもめでは上下線または内外回りでの運行を検討する。

山手線から分岐する私鉄近郊路線については、下り列車の運行を検討するとしているが、一部の路線では上り列車の運行も検討するという。最終列車は平日・土休日とも同じ時刻での運行を検討している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。
  • 北海道新幹線のトンネル抗口。
  • 西武新宿駅で発車を待つ30000系電車。この駅を含む通勤利用駅の4駅では、平日朝の混雑予測を表示し、通勤ピーク時間帯以外の利用を促すことが企図されている。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系にもモニタ状態監視装置が導入される。
  • 1990年度のグッドデザイン賞に選ばれたこともある「クリスタルエクスプレス」(左)。右は現在は見られないキハ40形「ぽっぽや号」。1999年6月、富良野駅。
  • 大井川の減水が懸念されるため、静岡工区が未着工となっている中央新幹線工事。JR東海では静岡県の専門部会から出される質問、意見、趣意などについて検討を進め、その結果をフィードバックした上で、専門部会が検討する運びとなった。
  • 京成電鉄の3000形電車。窓は開くものの、停電時は冷房が作動しない。
  • 吹田貨物ターミナル駅(2013年4月末)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/18/320280.html/article/2019/03/18/320279.html/article/2019/03/18/320281.html