伝説のコンセプトカー『ゴールデンサハラ II』復元、発光するタイヤを装着…ジュネーブモーターショー2019

ゴールデン サハラ II
ゴールデン サハラ II全 3 枚写真をすべて見る

グッドイヤーは、米シカゴのカーミュージアム「クレアモント・コレクションズ」と共同で、3月5日から17日まで開催されたジュネーブモーターショー2019にて、グッドイヤーの半透明タイヤを装着して復元された、伝説のコンセプトカー『ゴールデンサハラII』を発表した。

1960年に発表されたゴールデンサハラIIは、伝説的なカスタムカーデザイナーのジョージ・バリスが所有していた1953年式リンカーン『カプリ』に、同じくカスタムカーデザイナーのジム・ストリートが改造を加えたモデル。

当時最新の電子プラットフォームを採用し、航空機のコントロールレバーにインスピレーションを得た、加速、減速、ハンドリングの制御システムと、進路上にある障害物を感知するセンサーを搭載した自動ブレーキシステムを装備。自動走行車をうたった最初のコンセプトのひとつであり、当時グッドイヤーによって開発されていたゴールドに光るシースルータイヤが装着されていた。

タイヤは、グッドイヤーが半透明構造のネオタン(Neothane)を使って開発したもので、タイヤに内蔵されている発光装置でタイヤ自体が光る。これは、悪天候下におけるタイヤの視認性向上やブレーキングと連動してタイヤが発光する仕組みの実現性を探る研究の一環として開発された。

ゴールデンサハラIIは当時、全米各地を巡り、数多くのテレビ番組や映画に登場。その後は約50年間、ガレージに眠ったままだったが、2018年5月にクレアモント・コレクションズがオークションで車両を購入。シカゴのスピークイージーカスタムズ&クラシックスの協力を得てレストアされ、グッドイヤーによって新たに作られた半透明タイヤを装着し、ジュネーブモーターショー2019で発表された。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 記者会見でグッドイヤー製品ぼいこっとについて語るトランプ大統領。
  • グッドイヤー・アシュアランス・ウェザーレディ
  • エフィシェントグリップ エコ EG02
  • グッドイヤー イーグルRSスポーツV4
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV